育毛剤には飲む育毛剤といわれる種類があります

育毛剤というと、頭皮に塗布する外用剤のイメージが強いですが、飲む育毛剤は体内への吸収が良い為効果も期待でき、注目が集まっています。 飲む育毛剤は、フィナステリド、ミノキシジルを配合したものとサプリメントに分かれます。

フィナステリドは男性型脱毛症の主な原因である男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の生成を阻害する働きがあります。 DHTは正常な毛髪サイクルを阻害し、髪を生成する毛母細胞の活動を抑制します。 ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、体内の血流を促進する働きがあります。 血流の増加により、毛根に酸素や栄養素を供給がされやすくなり、発毛力を上げることができます。

フィナステリドを配合した男性型脱毛用治療薬として、日本ではMSD社より「プロペシア」が販売されていますが、 入手する場合は、通院し、診察・治療を受けた上で薬が処方されることになります。 「プロペシア」以外の薬は、国内では正式に認可・販売はされていない為、 これらの薬を入手したい場合は、個人輸入代行業者を通じて購入する必要があります。 インターネット等で入手は容易になっていますが、薬である以上副作用のリスクもあります。 慎重に利用するようにしましょう。

サプリメントは育毛に必要な栄養を補うことができる手段です。 錠剤や顆粒剤等でビタミン、ミネラル等不足しがちな栄養を簡単に補え、余分なカロリーの摂取を避けることもできます。 普段の食事では、バランス良く栄養が取るのが難しい場合に上手に利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>