育毛剤を効果的に使いたいですね!

育毛剤とは脱毛の予防や少なくなった頭髪を増やす育毛の効果、髪の毛の成長を健やかに促進させる薬のことをさします。

現在は育毛剤もいろいろな種類が発売されており、飲む育毛剤(サプリメントタイプ)・頭皮に直接噴射させるもの・エアゾールタイプのもの・スプレータイプのものなどがあります。

育毛剤の効果としては、

・頭皮の血行促進や栄養の供給

・男性ホルモンや頭皮の皮脂分泌を抑制

・殺菌作用

・保湿効果

といったものがよく挙げられています。

ただし、育毛剤を使うだけでは脱毛の予防や発毛の促進にはつながりません。

より効果的な使い方として日常生活からの改善も必要となってきます。

具体例として

・規則正しい生活をすること

(食事を炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルといった五大栄養素をバランスよくとること、睡眠の質・睡眠時間をしっかりとること、1日15分~の適度な運動を行うこと)

・頭皮マッサージ

(百会・通天などの頭皮のツボを押したり頭皮を柔らかくして育毛剤が入りやすくする)

・頭皮環境を清潔に保つ

また、正しいシャンプーの方法を行い、頭皮を洗浄するのも大切です。

①  ブラッシング・・・汚れ・ほこりを落とす

②  予洗い・・・お湯でしっかり洗うと汚れは落ちる、シャンプーの泡立ちがよくなる

③  地肌を洗う・・・よく泡立てて地肌をマッサージするように洗う

④  しっかりすすぐ

⑤  コンディショナー・ヘアパック・・・洗い流すタイプはよくすすぐこと

これらを行いながらより育毛剤を効果的に使いたいですね。

また、薄毛に悩む女性のための情報サイト『薄毛スタディ』を上手く活用するのも一つの手段です。

『薄毛スタディ』は、肌が弱い女性向きの育毛剤や薄毛防止シャンプーなどを紹介しています。

体内より頭皮・髪を健康にする錠剤・サプリメント

育毛剤にもさまざまな種類が発売されておりスプレー・シャンプーをはじめとする体の外から頭皮の環境を整え、健やかな髪を作り出す商品が多く発売されています。

実は、これらの商品以外にも育毛を働きかける商品があるのです。それは、飲む育毛剤に代表される体内より頭皮・髪を健康にする錠剤・サプリメントです。

これらの商品の特徴は飲んで治療する内服薬や健康食品なので直接体内に取り込め、即効性・効能ともに高いことです。代表的な例としてプロペシアやフィンペシア、ミノキシジルタブレットが有名です。プロペシアは、医薬品として扱われている飲む育毛剤ですが、保険適用外のため全額自己負担です。プロペシアに含まれているフィナステリドには抜け毛を効率的に予防します。ミノキシジルには頭皮の血行を促進する作用があります。

またサプリメントも有効的に活用できます。

ヘアケアサプリメントHattoはMSMと有効成分と合わせることにより育毛効果を実現しました。体の中からフサフサを推進してくれます。

M1ヘアケアサプリメントも毛髪の世界大会にて受賞した株式会社サラヴィオ化粧品が発売しており、育毛に必要な3大要素(細胞活性化・頭皮環境改善・栄養補給)をすべて自社商品でお得に補えることができます。

ヘアフォーミュラも男性ホルモンのバランスを調整する「ノコギリヤシ」、髪に必要な必須アミノ酸等、髪の健康を助ける成分を配合しています。日本の毛髪専門クリニックと、米国で最大級の医療用栄養補助食品メーカーの共同開発で誕生した「健康食品」です。

医薬品も安心・安全面を考えると一番よいのですが、価格が高いことやまれに副作用があることを考えると育毛剤・サプリメントどちらも使い分けながら育毛をしていきたいですね。

よく名前のあげられるシャンプーをいくつかご紹介

育毛剤シャンプーとは頭髪の汚れを落とすだけでなく、頭皮を育てることを目的としてつくられたものです。またスカルプシャンプー(頭皮の洗浄を行うシャンプー)としても販売している製品もあり、人々の頭皮ケアに関する関心は年々高まってきているといえます。

今回よく名前のあげられるシャンプーをいくつかご紹介いたします。

 

ブラックケアシャンプー・・・珍しい黒いシャンプー。また、リンスのいらない弱酸性の商品です。深海泥の色で泥が地肌の汚れを吸着してくれて洗浄してくれます。またホホバオイルを使用し、頭皮の保護・保湿効果もあります。また、天然成分や植物エッセンスがはり・艶を与えてくれます。

スカルプD・・・テレビや雑誌などで一度は目にしたことのある商品だと思います。スカルプDでは頭皮の状態別に別々のタイプの育毛シャンプーを開発しているところも特徴です。オイリータイプとノーマル&ドライという2つのタイプを販売しています。また、育毛トニック・ワックスなどの商品も発売されていてライン使いできるのも特徴です。

ウーマシャンプー・・・名前通り馬油を使ったシャンプー。血流を良くし、肌の老化を予防するαリノレン酸が通常の馬油の5倍含まれている「こうね馬油」を使用。浸透力に優れているので髪の毛を作り出している組織にスムーズに送り届け、適度な潤いを保つのも特徴。また、髪を育てる25種類の生薬も配合。

S-1シャンプー・・・M1育毛ミストを販売しているサラヴィオ化粧品が開発した抜け毛予防専用のシャンプー。アミノ酸バランスがよく、弱酸性で保湿力のある安全な成分である最高級シルクアミノ酸を配合した無香料・洗浄力もあり、抜け毛が気になる人にはおすすめの無添加シャンプーです。

有名育毛剤メーカーの育毛シャンプーについて

近年育毛剤はさまざまなメーカーからいろいろなタイプの商品が発売されています。

それにともなって、育毛剤と一緒に使える商品の発売も増えてきています。

その中でも一番多いのが、育毛シャンプーです。

育毛シャンプーを使用するメリットとして、刺激がすくないこと、必要な皮脂は残しつつ、毛穴の詰まりをきれいに取り除き、頭皮を健康に導いてくれることです。毛髪よりも頭皮に重点を置いたものが多いです。髪を元気にするためにはまず土台となる頭皮環境を整えてあげる・清潔で健康な状態に保ち、より効果的に育毛剤が浸透しやすくする事が大切なのです。

今回、育毛剤と併用できるシャンプーの一部をご紹介いたします。

 

スカルプD・・・テレビや雑誌などで一度は目にしたことのある商品だと思います。スカルプDは頭皮の状態別に育毛シャンプーを開発しています。オイリータイプとノーマル&ドライという2つのタイプです。また、育毛トニック・ワックスなどの商品も発売されていて育毛剤・育毛シャンプーとライン使いできるのも特徴です。

S-1シャンプー・・・M1育毛ミストを販売しているサラヴィオ化粧品が開発したシャンプー。成分にこだわり最高級シルクアミノ酸を配合した。無香料・無添加で頭皮に優しい洗い上がり。抜け毛が気になる人にはおすすめです。

プログノ126シャンプー・・・アミノ酸を洗浄用主成分として、髪や地肌の健康を考えたPH5.3~6.3弱酸性のシャンプー。毛髪の保護効果にすぐれており、健康な髪はもとより、ダメージヘア、ドライヘアにも使用可能です。コンディショニング効果により、リンスを用いなくても充分な満足感が得られます。水道橋博士さんが愛用し、7年間使い続けている商品。

育毛剤には飲む育毛剤といわれる種類があります

育毛剤というと、頭皮に塗布する外用剤のイメージが強いですが、飲む育毛剤は体内への吸収が良い為効果も期待でき、注目が集まっています。 飲む育毛剤は、フィナステリド、ミノキシジルを配合したものとサプリメントに分かれます。

フィナステリドは男性型脱毛症の主な原因である男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の生成を阻害する働きがあります。 DHTは正常な毛髪サイクルを阻害し、髪を生成する毛母細胞の活動を抑制します。 ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、体内の血流を促進する働きがあります。 血流の増加により、毛根に酸素や栄養素を供給がされやすくなり、発毛力を上げることができます。

フィナステリドを配合した男性型脱毛用治療薬として、日本ではMSD社より「プロペシア」が販売されていますが、 入手する場合は、通院し、診察・治療を受けた上で薬が処方されることになります。 「プロペシア」以外の薬は、国内では正式に認可・販売はされていない為、 これらの薬を入手したい場合は、個人輸入代行業者を通じて購入する必要があります。 インターネット等で入手は容易になっていますが、薬である以上副作用のリスクもあります。 慎重に利用するようにしましょう。

サプリメントは育毛に必要な栄養を補うことができる手段です。 錠剤や顆粒剤等でビタミン、ミネラル等不足しがちな栄養を簡単に補え、余分なカロリーの摂取を避けることもできます。 普段の食事では、バランス良く栄養が取るのが難しい場合に上手に利用しましょう。